Uターン転職でのメリット・デメリットとは?

卒業後からは地元を離れて働いていたものの、再び地元で就職することを、「Uターン転職」と言います。

Iターン転職同様、Uターン転職を希望する人も少なくありません。

では、現在Uターン転職を希望している人のために、メリット・デメリットを挙げてみましょう。

 

Uターン転職のデメリット

 

対して、デメリットとしては、首都圏に比べると業種・職種などの選択に限りがあるということがよく言われています。

希望する職種での求人募集は、必ずしも多くあるとは限りません。

 

特に、専門分野などにおいては、地元で働ける機会に全く恵まれないことも。

また、転職先が見つかったとしても、医師などの例外を除くと、年収がかなり下回るケースも考えられます。

もちろん、都会に比べれば地方へのUターン転職は、一般的に年収が下がってしまう傾向にありますから、その点も十分に理解しておく必要があるでしょう。

 

さらに、地域によって交通手段が車以外では難しいという問題もあり得ます。

 

都会で電車やバスなど、利便性の高さに慣れている人、車の免許を持っていない人にとっては、車社会の地域を生活の拠点とするには、厳し過ぎるかもしれませんね。

 

地方によっては、過疎化が進む地域も珍しくなく、特に女性や若年層の地元離れが激しいと言われています。

 

そういう意味でも、デメリットに関係なく、若い人たちのUターン転職者がさらに増えることが望ましいと言えるのです。

 

とはいえ、ただ単に、首都圏の忙しさに疲れたからというだけの理由では、Uターン後に後悔することも考えられます。

自分の方向性を見つめ直し、地元についての情報をしっかりと熟知した上で、Uターン転職活動を行うことが大切です。

 

Uターン転職のメリット

 

まずは、地元への転職によって、その地に貢献できるチャンスが増えることが言えます。

企業によっては、地域に密着し活性化に取り組む企業もあります。

 

生まれ育った土地に深い思い入れのある人が、そのような企業でUターン転職ができれば、地元への貢献度もアップしそうですね。

また、実家が近いこと、家族や親戚、友人たちとも身近な関係が保てることになり、万が一の時にも対処がしやすく、遠方であれば絶えなかった心配事も緩和されるかもしれません。

 

親孝行がしやすいことも、Uターン転職の大きなメリットです。

そして、首都圏に比べて住宅費、生活費などがリーズナブルであることも挙げられます。

 

人間関係や経済的な問題などのストレスが緩和される地元での仕事は、精神的にもやりやすく、新たなやり甲斐が生まれるかもしれませんね。

 

・関連ページ >>Iターン転職のメリット・デメリットとは? - 日々向上の為にずむ