大手・中小・ベンチャー企業に転職するメリット・デメリットとは?

「転職には名が知られた大手企業を希望したい」、「転職するにしても、やはりまた大手企業に勤めたい」と考える転職希望者は多いことでしょう。

 

ですが、大規模なリストラや事業縮小など、大手企業だから安定しているとは言い切れない現代でもあります。

 

かえって、中小企業やベンチャー企業の方が、安定感がある場合も多々なのです。

では、転職希望者にとって、企業の規模におけるメリット・デメリットとは、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

 

大企業に転職するメリット・デメリット

 

メリット

 

大企業への転職に関するメリットとしては、

 

・平均年収は高め

・充実した福利厚生

・残業などについて、制度を徹底している企業が多い

・大規模なプロジェクトに携わることが可能

・安定感のある企業は、基本的に多め

 

が挙げられます。

 

デメリット

 

反面、デメリットでは、

 

・昇進がなかなか難しい

・全般的に担当を任せられる仕事は少なめ

・やはり人気が集中しやすい上、新卒者の定着率が高めであり、転職者にとっては激戦と言える

・採用枠が専門的職種など特定されていることが多く、転職者にとって難易度が高め

・特有な環境であり、適応が難しい

 

などと挙げられます。

 

中小企業に転職するメリット・デメリット

 

メリット

 

対して中小企業への転職におけるメリットは、

 

・平均年収は一般的

・大手企業ほどの規模ではないものの、担当できる仕事は多い

・多様な経験を積むことができ、キャリアアップに繋げられる

・経験と実績によっては、昇進がしやすい

・適度な社員数で環境に順応しやすく、密接な意思の疎通、協調性の高さが見込める

・人材不足の企業では、未経験者での採用枠もあり、転職がしやすい

 

などが挙げられます。

 

デメリット

 

そして、デメリットでは、

 

・残業などに関して徹底したルールがないため、仕事量は多め

・福利厚生においては、大手企業ほどの充実性がなく、住宅手当なども少なめ

・安定感が低めの企業も多々

 

などが言えるでしょう。

 

ベンチャー企業に転職するメリット・デメリット

 

メリット

 

ベンチャー企業への転職では、メリットとして、

・重要な地位、責任者への昇進がしやすい

・仕事を幅広く任せてもらえる

・仕事への決断力、進み具合がスピーディ

・業績、実績により、収入アップが見込める

・キャリアアップのしやすさ

・適度な社員数で、意思の疎通が図りやすい

などが挙げられます。

 

デメリット

 

・福利厚生の充実性はとても低い

・残業などの決まりは徹底しておらず、基本的にサービス残業がほとんど

・安定感が低めの企業がほとんど

・事業規模が小さめ

 

などが一般的です。

 

企業の規模に関わらず、メリット・デメリットは必ずあるもの。

 

大手企業は、安定感の高さが人気の理由になってはいましたが、現在ではそうとも言い切れません。

だからといって、中小企業、ベンチャー企業を選ぶべきとも言えませんから、まずは自分自身の将来的なビジョンを明確にし、上記のメリット・デメリットなどの情報を参考にしながら、自分にとって最適な転職先を選ぶようにしましょう。