転職フェアやイベントのメリット・デメリットや参加方法を解説

街中やネット上でも、「転職フェア」や「転職セミナー」などの広告を目にすることがありませんか?

転職希望者にとっては、興味が湧くものの果たして参加する意味があるのか、今後役立つものなのかどうかと、気になる人が多いはず。

では、そんな転職フェアについて、ご説明していきましょう。

 

「転職フェア」とその参加方法

 

転職フェアは、人材を求める企業と、企業に採用されたい転職希望者による「企業合同説明会」のこと。

 

その主催側は、転職エージェントや求人媒体の運営に関わっている広告代理店などが主です。

一般的に転職フェアとはいえ、目的により種類が分かれていて、中途・転職者向けのフェア、Uターン就職向けのフェアなどが代表的です。

 

開催地は、東京など都市部が多く、地方からの転職希望者も多数参加し、毎回人気が高いイベントになっています。

さて、転職フェアへの参加には、事前登録が必要となるケースがほとんどです。

希望者は、求人情報誌や転職サイトなどにて、フェアについてのスケジュール、詳細を確認し、その指示に従い応募するといいでしょう。

 

フェアは、転職希望者にとって、選考以外で求人企業の採用担当者と直接面と向かって話せる貴重なイベントです。

 

入場には、企業の担当者とスムーズなやり取りをするために、エントリーシートの作成が必要になりますが、選考に直接関係するものではありません。

 

ですから、転職をしたいものの、まだ希望の企業、業種などはっきりとした目的には至っていなくても、フェアに参加することで、様々な企業や業界、職種について知識と魅力を得られ、最終的には自身の目的を明確にする可能性もあります。

 

もちろん、既に希望する企業や業界などを明確にしている人には、該当している内容のフェアへ参加するといいでしょう。

 

転職フェアのメリット

 

直接採用担当者と対話できること

 

最大のメリットと言えば、やはり様々な企業の採用担当者と、面と向かって話ができることです。

 

その企業が具体的にどのような人材を求めているのかなど、転職サイトや情報誌だけでは知り得ないことを直接聞けるチャンスですから、かなりの有益と言えるでしょう。

その情報が、実際応募する際に自己アピールの役に立つことも間違いなし。

さらに、企業によっては、フェア自体を選考の一環と捉えているところもあり、転職フェアへの参加が、内定へと繋がることも珍しくありません。

 

選考免除の可能性あり

 

フェアへの参加によって、書類選考を免除にする企業も増えてきているようです。

これは、転職活動の手間や時間を減らすことになりますから、転職希望者にとって大きなメリットと言えるでしょう。

 

多種多様な企業を知ることができる

 

フェアには、まさに多くの企業がブースを確保しています。

 

中には、これまでに聞いたことがなかった企業も多数あることでしょう。

転職サイトなどでは、そのような企業に気付かないことが多く、もしかしたら現在全国展開で活躍している企業を、以前に見逃していたかもしれません。

 

しかし、転職フェアに参加すれば、特定の企業に限らず、それぞれのブースでそれぞれの特色を持つ企業を知ることができますから、転職活動において視野も広がると考えられます。

 

転職先選びに役立つ

 

応募したいと思う求人企業については、年収や業務内容といった詳細を、転職サイトや企業のホームページなどの求人情報から入手できますが、企業の社風・雰囲気については入社しないとわからないものです。

 

転職フェアでは、企業で実際に勤務している人に直接聞けますから、基本的な求人情報に多少なりともプラスアルファの情報が得られるはずです。

 

転職フェアのデメリット

 

現職場の人と会う可能性あり

 

現職を続けながら転職活動を行っている人は、もしかしたら会社の人に会うことがあるかもしれません。

相手も同じように転職活動を行っているのであれば、会社にバレてしまうことはないかもしれませんが、現職の会社が転職フェアでブースを構えている場合もあります。

転職フェアでは、そういったリスクの高さに注意したいもの。

 

競争率の高さを目の当たりにする可能性あり

 

大手企業であれば、中途採用の競争率はかなり高くなります。

 

転職フェアに参加すれば、多くの人が大手企業のブースに集まりますから、競争率をはっきりと知らされることになるでしょう。

たった1つの地域でこれほどの人が応募するのかと思うと、転職への希望も、弱気に揺るがされてしまう人もいるかもしれません。

 

転職フェアの様々なタイプ

 

転職フェアは、主催する側によって、タイプも様々。

では、いくつかの例を挙げてみます。

以下の例を参考にしてネット検索をすれば、参加してみたい転職フェアが見つかるかもしれませんね。

 

・企業ブースだけではなく、転職相談や希望に合う企業の紹介など転職初心者用のコーナー、履歴書用の写真撮影などの特典も充実させているフェア

・全国で出店拠点が多いフェア

・エンジニア専門や女性のみなど、対象を特化したフェアもあり

 

転職フェアをうまく活用するためのポイント

 

事前に質問事項を準備

 

フェアへ出向く前に、企業側への質問事項を5つ以上は考えておきましょう。

 

他では得られない情報が聞けるかもしれませんし、企業へのアピールにもなります。

上記でも述べた通り、フェアでは企業の社員や採用担当者と直接話ができますから、応募前に企業側の話が聞ける機会を逃してはいけません。

 

ネット上でも公開されていない裏話や、企業のホームページから疑問に感じることなどをまとめておいて、直接質問するといいでしょう。

 

同じ質問を複数企業にして、それぞれの返答を比較してもいいですが、既に応募したいと考えている特定の企業が出展しているのなら、ホームページなどだけでは知り得ない内容についての質問を用意しておくことがお勧めです。

 

そして、フェアの当日に、希望先企業が以前行っていた会社説明会や講演などがあれば、その内容についてさらに深掘りした質問をしてみるのもいいでしょう。

逆に、企業のホームページに書かれていることを質問してしまうことはNGです。

企業側としては、我が社のホームページをチェックしていないと、印象を悪く持ってしまうものです。

 

身だしなみ、靴にも要注意

 

転職フェアでは、大体が基本的に服装は自由としていますが、やはりスーツ着用の人がほとんどです。

ただ、スーツはうまく着こなしていても、意外と靴が汚れているという人が目につくのです。

手入れを全くしていないような靴を履いて行くのはNG。

 

フェアと選考はあまり関係ありませんが、どこで何をするにも第一印象は重要です。

ひと目で「採用したくない」と感じさせてしまっては、質問を投げかけたところで、良い返答をしてもらえないかもしれません。

靴にもお手入れを忘れないようにしましょう。

 

事前登録

 

ほとんどの転職フェアで、エントリーシートといった書類記入を入場時にしなくてはいけません。

 

この書類は、ネット上などから事前に用意できる場合がほとんどですから、スムーズな入場をするためにも事前登録と必要書類の記入を完了させておくことがお勧めです。

また、身だしなみ同様、書類も企業の採用担当者にとってちょっとしたイメージを与えるものです。

しっかりと事前に準備しておくことで、もしかしたら好印象を持たれるきっかけとなるかもしれません。

 

転職フェア参加後の注意点

 

転職フェアを参加した後には、転職エージェントとの個別面談などで営業トークにすっかりのせられ、焦りで転職先を決定してしまうということに要注意。

 

転職エージェントは、人材を採用させることで企業側より多額報酬を受け取ることになりますから、中には転職希望者を早く転職させようと、自身のノルマだけを気にして言葉巧みに誘導するエージェントもいるようです。

 

転職フェアは、土日開催のものも多くありますから、転職を考えている人には是非ともお勧め。

転職だけに限らず、社会人として、知らなかった業界についてなど、ためになる情報も得られるフェアですから、一度は参加してみてはいかがでしょうか。

 

・関連ページ >>転職先の探し方【自分に合う仕事を探す方法・見つけるには】