Iターン転職のメリット・デメリットとは?

都会の喧騒から離れて、自然に囲まれた環境でのライフスタイルに憧れ、「Iターン転職」を考える人も少なくないようです。

「Iターン」は、現在の居住地域以外への就職・転職のことであり、特に、生まれも育ちも首都圏の人が、勤務地を地方に選び、移住することです。

ただ、ライフスタイルに大きな変化が加わることに、不安感を持つ人もいるでしょう。

こちらでは、Iターン転職に興味がある人のために、そのメリット・デメリットをご紹介します。

 

Iターン転職のデメリット

 

望んではみたものの、地方での生活になかなか馴染めないという人も珍しくありません。

 

地域により、仕事はもちろん、仕事以外でも勤務後や休日の会合に出席しなくてはいけないなど、プライベートの時間が持てなくなることも少なくはないのです。

 

人とのお付き合いに抵抗を感じない人ならOKですが、元々人付き合いが苦手な人なら、移住地について探す前からチェックしておくことがオススメです。

 

そして、ファッションビルやレストラン、映画館などの娯楽施設数も、首都圏とは比べられないほどです。

 

流行をいち早く取り入れたい人、休日にはエンターテインメントで気晴らしを楽しみたいという人には、多少物足りなさを感じてしまうようです。

 

また、首都圏に比べて職種や業種の求人募集は極めて少ないという点も、デメリットとして挙げられるでしょう。

 

インターネット環境の普及により、どこにいようと仕事が可能とはいえ、やはり専門的知識や実績、経験は必要です。

 

移住したいと思う地にて、自分が応募したいと希望する職種・業種の求人募集をしている企業があるのか、正社員としての採用枠が確保されているのかということを、事前によく調べるようにしましょう。

 

地方でのチャレンジ前に、多くの職種・業界が活躍の場とする首都圏で、経験・実績を重ねておくことも大切です。

専門的な知識や忍耐力などもしっかりと身に着けた上で、Iターン転職を検討する方がいいのかもしれませんね。

 

Iターン転職のメリット

 

地方に移住、勤務するメリットでは、やはり空気が澄んだ自然環境で、ゆとりを満喫できる暮らしへの魅力でしょう。

朝から晩までゆったりとした時間の流れで、通勤ラッシュからも開放される上、車通勤を可能とする企業も多く、通勤時のストレスは首都圏ほど感じないことも大きなメリットですね。

さらに、首都圏よりも住宅費はリーズナブルですから、経済的にもゆとりを感じやすいライフスタイルが可能です。

 

・関連ページ >>Uターン転職でのメリット・デメリットとは?