転職に必要となる応募書類は?転職は準備が大切!

どれほど立派な経歴、スキルがあろうとも、その情報が応募先企業の人事採用担当者にうまく伝わらなければ、全く意味がありません。

面接前の書類選考では、自身のプレゼンテーションを成功させる書類作成が必要になります。

応募書類がいかに重要であるかということを、常に意識しておきましょう。

 

転職に必要な応募書類

 

一般的に、必要となる応募書類には、以下のものが挙げられます。

 

・市販の履歴書

・職務経歴書

・添え状、カバーレター

・説明資料、補足資料

 

最後の資料は、職務経歴書を補足するものであり、特に、技術・専門職種に有効です。

職務経歴書では書ききれない場合、長くなりすぎて読みづらくなる場合に追加で作成します。

 

履歴書

 

特に指定されていない場合は、A4サイズでパソコンにて作成しますが、企業によっては、手書き指定というケースもあります。

 

紹介会社を介して応募する場合は、その会社で用意されている独自のフォーマットで対応します。

履歴書作成のポイントは、空欄を作らないこと。

 

特に、志望動機欄が設けられている場合には、1行の短文で終わってしまうと、入社したいという意欲は全く伝わりません。

適度な文章力と文章量を心がけましょう。

 

職務経歴書

 

提出する応募書類中、最も重要性があるものと意識しましょう。

経歴や実績に自信があっても、職務経歴書でアピール、プレゼンテーションが十分できなければ、書類選考を通過できませんから、多くの応募書類に目を通す人事採用担当者の立場になって、興味をそそるような職務経歴書を用意することが重要です。

 

 

書式は自由ですが、A4サイズ1~2枚程度をパソコンで作成しましょう。

 

フォント、罫線やスペースなどをうまく使い分けながら、読みやすく理解しやすい職務経歴書の作成を心がけましょう。

 

そして、「ですます調」の書き方は避け、あくまでもシンプルに分かりやすく、「である」などと言い切る文章の箇条書きが最適です。

 

・関連ページ >>履歴書と職務経歴書の違い【目的・内容量・書き方を説明】

 

添え状

 

応募の動機、きっかけとなった要素など、熱意をうまく伝えるための書類です。

A4サイズ1枚で収めることが必須です。

書き方のポイントとしては、

 

・どの求人募集を見て、どの要素に興味を持ち応募したのか

・自身のどのような経験が活用できるのか

・志望動機

・自己PR

 

が挙げられます。

熱意を十分に伝えることが重要となりますので、そのために予め応募先企業についての情報収集を徹底しておきましょう。

情報なしでは、熱意が伝わるようなアピールはできず、何の特徴も見られない添え状になってしまいます。

採用担当者もロボットではありませんから、その心に響くような添え状を期待しています。

 

まずはそれぞれの作成前に、応募先企業についての情報収集、自身の経歴やエピソードのメモ作りを万端にしておきましょう。

 

・関連ページ >>転職時は自己PRの準備があるかないかが左右する!内定・成功を勝ち取るには?