転職後、勤務先に必要な提出書類や注意点【直前で焦らず準備を怠らない事もポイントのひとつ】

転職先が決まると、各書類提出が必要になります。

様々な書類を揃えなくてはいけませんから、事前に準備をしておくと安心です。

こちらでは、転職時に必要となる書類やその提出における注意点などをまとめましたので、ご参考にして下さい。

 

転職で必要となる書類

 

年金手帳

 

年金手帳とは、年金の加入者であるという証明の大切な書類です。

提出後の保管については、社内か自身なのか、企業により違ってきます。

もし紛失した場合、年金事務所に再発行の申し出が可能です。

 

源泉徴収票

 

年末調整時に必要な書類の源泉徴収票は、退職先から退職の際に受け取るので、自宅で保管しておきます。

 

雇用保険被保険者証

 

雇用保険の受給手続きに必要となる書類で、源泉徴収票と同じく、退職する際に退職先から受け取ります。

 

その他

 

他にも、税金・保険関連の手続きに必要となる「扶養控除申告書」、給与の振り込み手続きに必要な「銀行口座関連の書類」などが挙げられます。

 

転職後の勤務先から提出を求められる可能性が高い書類

 

転職の際に必須とされる提出書類以外でも、企業によっては提出を求める書類がいくつか挙げられます。

 

保証人の手続きを必要とする企業では、「身元保証書」の提出を必須とし、その提出用紙には、就職保証人に当たる人の署名・捺印が必要となります。

また、職種によって、「免許・資格取得の証明資料」や「大学卒業証書」などの提出を求める企業もあるので、要注意です。

特に、第二新卒となる人には、大学卒業証書の提出を求められることが多いようです。

 

 

資格取得の証明書類や大学卒業証書は、自身のスキル・経歴の裏付けとなる重要書類でもありますから、入社手続き前に確認しておきましょう。

そして、扶養家族がいる転職者には、「健康保険被扶養者異動届」の提出を求められます。

 

 

転職時、書類提出時の注意点

 

必要な提出書類が手元になければ、再発行手続きなどで準備に時間がかかることも。

書類によって再発行手続きを申し出る場所も違ったりしますから、万が一のために、どの機関でどの書類を発行してもらえるのかを、事前に確認しておきましょう。

そして、企業への提出前には、署名や押印のし忘れなどを再確認するようにしましょう。

 

転職で必要となる書類は、転職活動を行っている間に揃えておき、いざという時に慌てないようにしたいもの。

直前に焦らない、準備を怠らないということも、キャリアアップを望む転職者としてだけではなく、常に企業が求む人材としてのスキルであることを意識しましょう。

 

・関連ページ >>転職の準備で大切な事【準備期間やスケジュール等のポイントまとめ】