長時間フライトを超絶楽しむための3つのポイント

 

小さい頃は、たまに見る電車にワクワク・・・。

したかどうかの記憶は定かではありません。

 

大人になってそれが日常になると

何も感じなくなります。

 

電車を見るたびにワクワク出来たら

通勤時間も、あの万年おしくらまんじゅうさえも、

少しはましに思えるかもしれません。

 

ワクワクさと頻度は、おそらく反比例するのでしょう。

 

―――――――

著者:421miyakoさま(Twitter:@421miyako1)
ブログ:海外 ひとり旅の野望!

―――――――

 

 

飛行機はワクワクする

 

パイロットでもない限り、

体験数の少ない乗り物と言えば飛行機。

 

そして、飛行機に乗る機会と言えば海外。

 

ワクワクしないわけがない。

 

最近は羽田離発着のコースが一部変更になり

会社からの帰り道や家の近くを飛ぶ飛行機を

目撃します。

 

下から見上げるだけでも嬉しくなる。

 

どこへ行くのかな?どこから来たのかな?

 

そんなことを妄想するだけでも楽しいのだから

自分が乗るとなったら、それはもうただ事じゃない。

 

ひとつ目の楽しみ

 

ハワイまでは6時間。

 

西海岸まで9時間。

 

ヨーロッパなら13時間。

 

これはかなり長いです。

 

到着時間が朝でも、日本時間の夜中だったら

がっつり眠って体力温存。

 

これ、お約束。後が辛いですからね。

 

とは言うものの、折角の映画を見ない手はない。

 

だって、無料なんだよ。

 

たっかい飛行機代の元を取らなきゃね。

 

話題の映画も軒並み見られる。

 

昨年も、往復で何本かの映画を見ましたが

ボヘミアンラプソディは超絶最高!

 

見たいとは思っていましたが、シネコンまで行くのも並ぶのも面倒。

 

コーラも高いし、ポップコーンもそんなに旨くない。

 

機内で見る難点は、気流が悪い時などに

アナウンスで度々中断すること。

 

注意点は、早々に見ないと着陸しちゃってラストを見逃すこと。

 

ふたつ目の楽しみ

 

良い座席を取れるかどうか。

 

良いって、ファーストクラスやビジネスじゃないですよ。

 

庶民派の私は万年エコノミー。

 

すみません、庶民派じゃなくただの庶民です。

 

遠山の金さんが遊び人のふりをして

あえてエコノミーに乗って、

庶民の座席具合やサービスを確認しているわけではありません。

 

私が定義する良い席

 

  • 窓側である
  • 隣(3人掛けの場合は隣2席)が空席である

 

単純な事ですが、たやすくはない。

 

 

窓側に関しては、個人手配すれば早めに指定できるので

確保はそれほど困難ではありません。

 

席を立つ時に迷惑だからと通路側を選ぶ人もいますが

ふわっふわの雲、遠くに富士山。

 

こんな景色のためなら、そんな苦労?もなんのその。

 

横一列を独り占めした経験は何度かありますが

こればっかりはどうにもならない。

 

隣2席が空いていたら、心の中でガッツポーズ。

 

座席の埋まり具合もちょくちょくチェックします。

 

 

※画像はhttps://www.tripple.jpより引用

 

これは4月に搭乗するANAの座席表。

 

リクエストの時点では隣りは2席空いていましたが

が予約した席。

 

この前確認したら通路側が埋まってしまいました。

 

私の推理では、この人は私と同じ一人旅。

 

そして仮押さえ。当日はキャンセルになっている。

 

それが一縷の希望です。

 

みっつ目の楽しみ

人間暇なとき、退屈な時には何をするか?

 

食べるっきゃないでしょう!

 

列車と言ったら駅弁。飛行機と言ったら空弁。

 

ラウンジや空港のレストランで腹ごしらえする人もいます。

 

つーか、機内食も料金のうちなんだよ。LCC以外は。

 

出ました!庶民派、いや、庶民。

 

それも含めて旅の楽しみ。

 

エアラインによってはHPで確認できます。

 

ANAは3/1~から3、4、5月分が掲載されています。

 

 

画像はANA公式ページより引用

https://www.ana.co.jp/int/inflight/guide/pdf/202003/nrt_bru_y_202003_m.pdf

 

ネットで見た時点でメニューを決めます。

 

他の月のメニューも気になります。

 

3月のザンギ丼(ザンギ=北海道で唐揚げの事)

ちょっと魅力的(どこまで食いしん坊?)

ただ一つ心配なのは席が後方。

どちらかしか残っていない可能性も有ります。

 

昨年「AとBどちらになさいますか?おすすめはBです」

そんな風に言われました。

 

はは~ん!明らかにAが足りない?

 

もちろんAを頼みました。

 

天邪鬼だからじゃないですよ。

 

最初から決めていたからですよ、CAさん。

 

決めていた方が残っていなくても

決して文句は言いません。声に出してはね。

 

 

あとがき

今回、オファーをいただき寄稿いたしました。

 

ブログを始めて1年が経過しそして初めての試み。

 

それでも私はアタシ流。

 

https://www.421miyako.com 海外 ひとり旅の野望!

 

news.tamenism.jp