IT業界志望者必見!エンジニアに求められる目に見えない3つの能力とは?!

f:id:mikiyama:20200615122013j:plain

おはこんばんちは!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」と申します♪

 

普段は「ゆるふわSEの日常♪」というブログを運営しており、世界中の悩めるSE(システムエンジニア)さんにとって役に立つかもしれない情報やノウハウ等を発信したりしています☆彡

後は、読んだ「本」とか見た「映画」や「アニメ」や「ゲーム」等のレビューだったり、インプットした情報を咀嚼してお役立ち情報に変換してアウトプットする場として色々発信させていただいております(*^-^*)♪

興味があればリンク先のサイトにもお立ち寄りいただくと幸いです!

 

―――――――
著者:ゆるちょここ

Twitter:@senonichijo

ブログ:ゆるふわSEの日常♪

―――――――

 

ということで、今回はSEさんを目指す方へ向けたちょっとした注意点をご紹介!

エンジニアと言うと目に見える「技術」が求められると思われがちですが、「目に見えない能力」も、長くお仕事をする上では必要だから気を付けてねってとこを語っていくよ♪

IT業界に入っている方なら普通にわかることですが、入る前の学生さんにとっては中々気付きにくいことも多々あると思いますので、入ってから後悔しないように参考にしてくださいね!

 

 

1.コミュニケーション能力♪

 

「自分コミュ障なんでー(´・ω・`)」とか、

「人と話すの苦手なんでー(´・ω・`)」とか、、、

「え?!一日中パソコンに向かってカタカタしとけばいーんでしょ?!私プログラム大好きだからだいじょうぶい(*^^*)v」

とかいう理由でIT業界を志望したりする方って、おそらく一定数はいると思うのですが「人と話さなくていーから」という理由でIT業界に入ると、高確率で後悔しちゃうと思うので気を付けたほうがいいかもしれません(´・ω・`)

というのも、IT業界のお仕事といえども結局は「人対人」であることに違いはないので、お仕事をする上でわからないことを上長や同僚に聞いたり、指示を受けたり、報告・連絡・相談をしたり、顧客へ提案等の打ち合わせをしたり、内部で資料のレビューをしたり等職種にもよりますが、まーなかなかのコミュニケーションだらけだったりしますw

また、上流のお仕事であればあるほど、管理職に近づけば近づくほど、コミュ力がものをいいますし、技術は一定水準あることを前提とした高いコミュニケーション能力が求められます。

(というかそれがないと業務を円滑に進めること自体が難しいw)

私の経験上、多くの若手を見てきた中で、コミュニケーション能力や文章能力というものは、一朝一夕で向上させることがとても難しいのですが(引っ込み思案な方に、明日から明るくなれって言われてもきついですよねw)、技術は学んだり、経験すれば誰でも徐々に向上していくので、大学のサークルで部長やってました☆(ゝω・)vキャピ

みたいなコミュ力モンスターの方が、技術はあるけどコミュ力絶望な方より、悲しいかな会社ではどんどん成長し評価されていく傾向が高いと感じています。

なので、コミュ力に自信がない方にとっては悲報ですが、IT業界でも最低限のコミュ力は大事ですよ!

 

2.学び続ける探求心や好奇心♪

 

IT業界というものは、なんらかの専門的知識/技術の上に、顧客へプロダクトやサービスを提供するのが主なお仕事です☆彡

その技術の進歩も早いですし、技術分野も多岐にわたるので、いくつになってもどんな時も必要に応じて、必要な知識/技術を自ら習得していく必要があります!

つまり「必要に応じて学び続けるということ(勉強)」が苦手だとちょっと続けていくのは厳しいかなぁと思います。。。(´・ω・`)

私は、毎日一つでも自分の知らないことを学べたら、「よし!今日もレベルアップやで(*^-^*)♪」的な思考でお仕事してるので、割と学び続けることはそんなに苦ではなく、ながーくお仕事できている感じです♪

何事も好奇心をもって、どん欲に知識/技術を吸収する姿勢というものがエンジニアにとってはとっても重要ですし、そーいった心持の目がキラキラした若い子を見ると可愛くて色々と教えてあげたくなっちゃいますね☆彡

なので、そーいった「好奇心」に起因する「学び続ける姿勢」はとっても大事ってことを覚えといてください♪

 

3.体力/ストレス耐性♪

 

どのお仕事でもそーかもですが、IT業界の場合は、納期を厳守するために、残業もなんのその、休日出勤もなんのそので、働き続けなければいけない状況とかがやってきたりします(´・ω・`)

まぁ、それはそれで経験値がたくさん得られると思うので絶対にいい経験になるし、エンジニアとしてレベルアップするための一つの要素(今の時代にはあまりそぐわないかもしれませんが、あんな過酷な状況もなんとか乗り切ったっていう謎の武勇伝が飲み会で笑いながら語れますw)になることは間違いないですw

ただ、それをうまく乗り切れないと、心身共につぶれて壊れちゃったりします(´・ω・`)

もちろん法外なブラックからは逃げたほうが良いのですが、「残業自体辛いなぁ(´・ω・`)」、「毎日定時じゃないときっついなぁ(´・ω・`)」って方はIT業界はちょっぴり厳しいかもしれません。

あと、そーいった残業が続く状況ってなかなかのストレスだったりするので、ストレス耐性が高いっていうのも割と重要な要素かもしれません。

後はうまくそのストレスを発散できる方法を持ってることも重要かも!

遅い時間まで残業するのって意外と体力使うなぁと思っていて、学生時代に運動部とかに入っていて体力をつけてきた方は割と体力的には残業に向いている(向いているというか、残業しても体的に辛くない)ので、エンジニアになる上で実は「体力」をつけとくに越したことはありませんw

 

 

まとめ♪

 

技術以外の要素にフォーカスをして語ってみましたがいかがでしたでしょうか?!

IT業界のお仕事はパソコンカタカタしてるだけで、人と全然コミュニケーションを取ることはないと思っている方にとっては結構なカルチャーショックだったかもしれませんが、まぁ世の中そんなもんですw

ということで今回は、IT業界で働くのって、知識/技術はもちろんのこと、それ以外の目に見えないスキルも結構重要なんだよぉってお話をさせていただきました!

IT業界に勢いで入ってから、「こんなはずじゃなかった・・・(´・ω・`)」

と、後悔することになったらもったいないですからね(´・ω・`)

(新卒のカードは本当に貴重ですよw)

本記事が、これからIT業界を少しでも目指そうかなぁと考えている学生さんや転職希望の方の参考になれば幸いです♪

 

でゎでゎ☆彡